読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜コミュニティデザイン・ラボ スタッフブログ

横浜市中区に拠点を置くNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボのスタッフによるブログです。

さくらWORKS<関内>に名刺スキャナー「Eight scan」を導入しました。

 こんにちは、ラボスタッフ中村です。


 横浜コミュニティデザイン・ラボが運営するシェアオフィス「さくらWORKS<関内>」

sakuraworks.org

 「関内」のまちから、コミュニティを元気にするアクションや仕事を創りだしていく「協働・共創の場」です。

 オフィスは「関内桜通り」にあり、新たなまちづくり・社会づくりのエンジンとなるようなメンバーがゆるやかに集い、よりよい変化を生み出していけるような「仕事=WORKS」を積み重ねたいという思いから「さくらWORKS」という名称が生まれました。

f:id:nakamuralab:20160728190529j:plain

 

 そんなさくらWORKS<関内>に、お仕事を便利にするマシン、Sansan株式会社様の名刺スキャナー「Eight scan」を導入しました。

contents.8card.net

f:id:nakamuralab:20160729163020j:plain

「Eight scan」は、名刺を読む込みスキャナーと、パソコンもしくはスマートフォンのアプリケーションを合わせることで、名刺のデータ化が瞬時に完了します。

 それにより、自分の名刺データベース “Your business network" が構築できます。PCからの利用も可能です。

 

機器の手元には、使い方を解説したマニュアルもございます。今回は、大まかな仕様手順をブログにまとめました。詳細な利用方法は、機器の手元にあるマニュアルをご参照ください。

f:id:nakamuralab:20160729163024j:plain

 

手順

名刺アプリの「Eight」をインストールします。

Eight - 100万人が使う名刺アプリ

Eight - 100万人が使う名刺アプリ

  • Sansan, Inc.
  • ビジネス
  • 無料

 

play.google.com

 

自身の名刺を、スマートフォンで撮影して登録します。

f:id:nakamuralab:20160729163029p:plain

 

f:id:nakamuralab:20160729163036p:plain

 

名刺スキャナーとの連携用アプリ「Eight scan」をインストールします。

play.google.com

PC版もございます。

contents.8card.net

名刺スキャナーを起動します。

カバーを展開することで、スマートフォン内のアプリケーションと接続されます。

f:id:nakamuralab:20160729163022j:plain

 

カバー展開時

f:id:nakamuralab:20160729163027j:plain

 

名刺をスキャナーにセットし、読み込ませます。

 

読み込んだ名刺は、時間をおいてデータ入力が行われ、アプリケーション登録されます。

名刺はオペレーターの目で読み取り確認され、手入力で正確にデータ化されます。

以上でスキャンは完了です。

 

 名刺アプリEightには、他にも様々な特徴がございます。オフィス会員の皆様、ぜひともご活用ください。

名刺アプリEight特徴

引用元:

https://play.google.com/store/apps/details?id=net.eightcard


◆◆Eightの特徴◆◆
■オペレーターが人力で名刺をデータ化
名刺の写真を撮ってEightに取り込むと、オペレーターが目で画像を読み取り認識し、手作業でデータを入力します。入力におけるセキュリティ対策も万全です。人が画像を確認してデータ化するので、OCRを利用した機械での文字認識に比べて正確なデータベースが作成されます。他の名刺認識管理アプリのようにデータ化間違いを手直しする必要がなくなります。
さらにEightプレミアムに登録すると、登録した名刺データのダウンロードも可能です。

スマホでもPCでも使える
アプリで撮影して登録した名刺情報には、PCからもアクセスできます。
名刺情報を修正したり、ラベルをつけてグルーピングしたりして名刺を整理することができ、編集した内容はアプリに反映・保存されます。

■電話・メールでの連絡もワンタッチ
外出先で仕事相手に連絡する時の操作も簡単です。
スマートフォンアプリに表示された名刺情報からメールアドレスや電話番号をタップすると、直接電話アプリやメールアプリが起動します。外出先でも素早く連絡を取ることができます。

■登録した名刺の更新情報を自動でお知らせ
Eightでは、過去に名刺交換をしたユーザー同士が“つながる”(Eight上で名刺を交換する)ことで、相手の名刺情報に変更があった際に通知を受けることができます。連絡先の情報が古くなってしまうとせっかくの名刺が活用できないため、名刺を更新する作業は面倒でも必要なものですが、Eightなら更新まで含めて名刺の管理をまかせることができます。

■名刺を撮影することなくお知り合いの名刺を追加
EightとFacebookを接続することで、Facebookのお知り合いとEight上で名刺交換をすることができます。Facebookのお知り合いがEightを利用し始めると自動的にEight上で名刺が交換され、名刺リストに相手の名刺が追加されて連絡先を確認できます。また、Eightを利用しているユーザーからお知り合いを検索して追加することもできます。
名刺を撮影する手間をかけなくても、お知り合いの名刺を自身のビジネスネットワークに追加することが可能です。
Facebookのお知り合いと名刺交換をするには、相手もEightとFacebookをつなげて利用している必要があります。

■セキュリティも万全
EightはSansan(さんさん)株式会社が運営しています。
Sansanは2007年の創業以来、3,000社を超えるお客様に法人向けの名刺管理クラウドサービス「Sansan」★1を提供しています。
本事業を通じて蓄積したセキュリティのノウハウを活かしてサービスを設計しています。

クラウドで名刺を管理する際に気になるのは個人情報の扱いですが、Sansanは審査の厳しい法人でも利用できる基準のセキュリティレベルを保っています。Eightなら安心して利用できます。


◆◆名刺リーダー機能・データ化サービスについて◆◆
- データ入力内容について
Eightのデータ化は、オペレーターが目で名刺画像を読み取り認識して手作業でデータにしています。
人が見て文字を認識できるようにするため、名刺を撮影する際は明るいところでピントを合わせて撮影してください。

- データ入力スピードについて
・名刺のデータ入力は、データ化センターの状況により、データ化完了までの時間が変動いたします。
・一度に大量に撮影する場合は、完了までに一週間以上要する場合があります。

※登録した名刺が勝手に誰かに見られる事はありません。また、オペレーターは名刺を取り込んだユーザーについての情報は認識していないため、誰が誰の名刺を登録しているのか知られることはありません。


◆◆Eightプレミアムについて◆◆
名刺を管理するだけではなく、登録した名刺情報を十分に活用したい方向けのサービスです。
¥400/月または¥4,000/年で、名刺データのダウンロード機能などを含むEightプレミアムのサービスをご利用いただけます。


★1“営業を強くする名刺管理”Sansanについて
Sansanは、最も多く導入されている法人向けのクラウド名刺管理サービスです。
名刺データの読み取りはスキャナを使って行います。組織内で人脈情報を共有でき、さらにその名刺情報を基点に、顧客管理やマーケティング活動・営業支援など幅広く活用できるCRMとしての機能も備えています。
名刺管理から顧客との接点を確実に収益に結び付ける、全く新しい営業管理、顧客管理サービスです。