横浜コミュニティデザイン・ラボ スタッフブログ

横浜市中区に拠点を置くNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボのスタッフによるブログです。

陸前高田市で「世界の持続可能なまちづくりから学ぶ~ 自然と共生していく未来の暮らしフォーラム」

横浜コミュニティデザイン・ラボでは、陸前高田市で1月18日(土)・19日(日)に開催される「自然と共生していく未来の暮らしフォーラム」と電気バスの試乗会に協力しています。

実施主体は、陸前高田市。企画・運営は、陸前高田しみんエネルギー株式会社。

陸前高田しみんエネルギー株式会社についてはこの記事が参考になります。

https://tohkaishimpo.com/2019/06/30/255709/

 

同社は、外食産業・ワタミ子会社のワタミ・ファーム&エナジー(東京都、小出浩平社長)、同市で再生可能エネルギーの研究・活用に取り組む長谷川建設(長谷川順一社長)、市が共同で設立。資本金は1000万円で、ワタミ・F&Eが600万円、長谷川建設が300万円、市が100万円を出資しています。

 

今回のフォーラム事業は、「脱炭素・循環・共生社会」の構築に向けた取組を推進する一般社団法人地域循環共生社会連携協会(一般社団法人低炭素社会創出促進協会)の平成31年度「地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業」の一環で実施されます。

 

f:id:co-creation:20200117100008p:plain

ちらし表面

_______________________________

脱炭素による『ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり』の可能性調査事業
【世界の持続可能なまちづくりから学ぶ~ 自然と共生していく未来の暮らしフォーラム】

 2020年1月19日(日)に脱炭素による『ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり』をテーマとしたイベントを陸前高田市コミュニティホール 大会議室で開催致します。 1月18日~19日は、アバッセ、道の駅などもつなぐ電気バスも試乗できます。未来のエネルギーの展示や実験、ペレット窯のピザ、ひっつみ汁などもご用意して、みなさまのご参加をお待ちしております!!

★催しのご紹介
その1.
電気バスに乗ってみよう! (1月18日~19日)

スローモビリティeCOM-8(低速電動コミュニティビークル)の試走を致します。eCOM-8は、最高速度19km/hの低速で走行する10人乗り電動自動車で、家庭用の100V電源にて充電可能、満充電で約40km(19km/h定速)の走行が可能です。

その2.1月19日(日) 開場午前10時、開演10時半
【自然と共生していく未来の暮らしフォーラム】

陸前高田市コミュニティホール 大会議室にて、自然と共生していく未来の暮らしフォーラムを開催します。脱炭素をテーマにサスティナブル・コミュニティ研究所 所長 川村健一氏による講演やパネルディスカッション(陸前高田の持続可能なまちづくり)などを行います。

講演:世界の持続可能なまちづくり 講師 広島経済大学名誉教授 川村 健一 氏

1973年京都大学工学部卒。同年よりフジタ工業株式会社(現株式会社フジタ)に勤務、土木設計コンサルタント部、技術開発部を経て、1987年より技術アタッシュとして米国駐在。1991年フジタリサーチ設立。‘1995年より同社社長、1999年エンジニアリング事業部長、2000年環境創造事業本部副本部長を経て2002年、フジタ退社。 湘南工科大学非常勤講師、中国総合研究センター客員研究員、広島経済大学名誉教授、米国TWINSUN 社 取締役、他、非常勤取締役7社。ロボティックス、テレオペレーション、環境、マルチメディア、新素材と多岐の分野の研究開発に係っている。

その3.1月19日(日) 10時~
体験・展示コーナー

陸前高田市コミュニティホール エントランスホールなどで、自然と共生していく未来の暮らしを学べる展示や実験がご覧になれます。下水汚泥を使ったメタン発酵のしくみが分かる小型バイオガス装置や下水汚泥を使った堆肥、山林から搬出した間伐材などを買い取る木の駅プロジェクトで集めた木材を使った木質バイオマスのペレットピザ窯など、体験・展示しております。

※参加のお申込みは、 m_naito@watami.net にご連絡ください。

●日時&会場:2020年 1月19日(日) 10時30分~
 於:陸前高田市コミュニティホール 大会議室
●主催:陸前高田市政策推進室 54-2111(内線174)
●企画・運営:陸前高田しみんエネルギー株式会社
●問合せ先: TEL:090-3428-7532 担当:陸前高田しみんエネルギー 内藤

f:id:co-creation:20200117100121p:plain

 

また、今回は、「ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり」の一環として、「働きづらさを抱えているすべての人」に対し、社会との関係性を回復し、その人なりの働き方を実現することを支援するために開設された「陸前高田市 ユニバーサル就労支援センター」も訪れる予定。

ソーシャルビジネス・ネットワークなどが、2020年秋にオープン予定の発酵パーク「カモシー」などの動きもリサーチしてきます。

 

camocy.jp

 

第2回EH2020 in 横浜ステアリングコミッティ 〜EARTH HOUR 2020 in YOKOHAMAに向けて〜

 

f:id:co-creation:20191020202837p:plain

EARTH HOUR in YOKOHAMA

横浜市の温暖化対策統括本部の会議室で10月17日(水)、EARTH HOUR 2020 in YOKOHAMAに向けた作戦会議。

 

EARTH HOURは、世界中の人びとが同じ日・同じ時刻に消灯することで地球温暖化防止と環境保全の意志を示す、ソーシャルグッドプロジェクト。

2019年のEARTH HOURは、全世界170を超える国と地域で実施され、ビッグベン、ブルジュハリファ、コロッセオエッフェル塔、ピラミッド、クレムリン、オペラハウス、タイペイ101などの著名施設も消灯に参加。日本では、WWFジャパンが主催するイベントの会場にある東京スカイツリー®、横浜のコスモクロック21、広島の原爆ドームをはじめ、東京タワーや東京駅、通天閣など全国1,434ヶ所で消灯が実施されました。


【EARTH HOURアースアワー2019】イベントアフタームービー

 

 

横浜コミュニティデザイン・ラボでは2018年から「EARTH HOUR」に協力しています。2019年は3月30日(土)午後8:30から9:30までの60分、地球の未来のために、あなたの想いを世界へ。

www.wwf.or.jp

 

横浜市役所、WWFみなとみらい21横浜市地球温暖化対策推進協議会の方々と以下の3点について意見交換しました。

実行委員会形式について
・全体プログラム(アースアワー当日及びアースアワーウィークス)の概要について
・学生の参画について



11月には実行委員会が立ち上がる予定です。
横浜では、横浜市民、さまざまな団体・企業、学生などの多様な主体が参加するソーシャルアクションの実験的な取り組みを展開していけたらと考えています。

本事業に興味がある方、一緒に来年のアースアワーの展開を組み立てていきませんか?

関心ある方はご連絡下さい。 
https://yokohamalab.jp/contact/

(杉)

平成30年度の『横浜RCEネットワーク推進協議会』に参加してきました!

こんにちは! 今年の3月からスタッフに関わらせていただくことになりました、飯島と申します。よろしくお願い致します!


平成30年度の『横浜RCEネットワーク推進協議会』が横浜市研修センターに開催され、代表の杉浦と共に参加してきました。 

f:id:YCDL:20190403130211j:plain

 

 今年の協議会でも、『SDGs持続可能な開発目標』についての成果発表・意見交換が行われましたが、改めて『SDGsってご存知ですか?? (また、『ESD』『RCE』もご存知ですか?)

f:id:YCDL:20190325140229p:plain

横文字で、しかも聴き慣れない言葉は、内容がよくわからないですよね~。私が3月からの勤務なので、自分の勉強のためにと整理してみましたが、同じように意味がよくわからず、聞くに聞けないというお声を耳にしたので、改めてまとめてみました。


という訳で、まず『SDGs』『ESD』『(RCE横浜の)RCE』という言葉がなんなのか、紐解いていきましょう。 

f:id:YCDL:20190325140502p:plain

SDGs持続可能な開発目標

(Sustainable Development Goals)

  Sustainable・・・・・持続可能

  Development・・・・ 開発

  Goals ・・・・・・・ 目標

f:id:YCDL:20190325140550p:plain

『持続可能な(社会の実現を目指すための)開発目標』を英語表記したものの略称がSDGsですが、頭文字だけを取ればSDGであるところを、開発目標が大きくわけて17個のゴールとしていることから複数形の『s』がついています。

SDGsの17個のゴールの詳細はコチラ

 → https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

 

f:id:YCDL:20190325140706p:plain

f:id:YCDL:20190325140850p:plain

◆ESD = 持続可能な開発のための教育

Education for Sustainable Development

  Education・・・・教育

  ( for)

  Sustainable・・・・持続可能

  Development・・・・開発

 

f:id:YCDL:20190325140959p:plain

f:id:YCDL:20190325141037g:plain

◆RCE = 地域のESDを進めていくための拠点

(Regional Centres of Expertise on ESD)

  Regional・・・・地域

  Centres・・・・拠点

  (of)

  Expertise・・・・熟練(していく)→進めていく

  (on ESD)

 

※ESDもRCEも、SDGsと同じく、英語で表記したものの略称です。

 

 

 

SDGs、ESD、RCEに共通する『持続可能』というキーワード。

f:id:YCDL:20190325141254p:plain

最近では当たり前に使われるようになりましたが、そもそも『持続可能な社会』とは、何なのでしょう?

 

◆持続可能な社会とは・・・・

  地球環境や自然環境が適切に保全され、

  将来の世代が必要とするものを損なうことなく、

  現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会

f:id:YCDL:20190325141532p:plain

環境問題が深刻化してくると、『地球環境のために、原始時代のような暮らしに戻ればいいじゃないか』という声をたまに耳にします。しかし、これだけ文明が発展した今となっては、原始の暮らしに戻るのは、あまり現実的とはいえません。

 

現代の暮らしを捨てて、原始の暮らしに、ではなく『今の暮らしの中で、地球環境によく、循環する社会や環境を目指す』のが、真の意味での持続可能な社会です。

 

f:id:YCDL:20190325141631p:plain

 

 

横浜RCEネットワーク推進協議会について

f:id:YCDL:20190325141707g:plain

横浜RCEネットワーク推進協議会は、簡単にお伝えすると、『持続可能な社会を目指すこと、そしてそれを地域でどのように進めていくか』その情報のシェア、また意見提案などをしていく場です。

 

RCE横浜に参加する様々なメンバー(学校、企業、NGO/NPO、市民、行政など)立場や生活環境の異なる人たちが、『持続可能な社会』の実現を目指すをキーワードにそれぞれの立場で出来ることを行い、その成果を共有し合う場として、年1回の協議会を開催しています。

 

f:id:YCDL:20190403130211j:plain

今回の出席者は、大学や教育に関わる方の割合が多く、それぞれの成果発表の観点も『持続可能な社会の実現を、次の世代にどう繋げていくか』『どう発展させていくか』という視点が多かったように感じました。

またSDGsの一つ一つのゴールを『複数組み合わせる』といったような取り組みの発表もあり、今後は今までよりも『Win Win』『相互作用』していくことがキーワードの一つになりそうです。

f:id:YCDL:20190325141914j:plain

※配布資料の参考

 

そして協議会の最後に、『SDGsを最終的な目標にするのではなく、それぞれが好きなこと、やりたいことをしていく中で、結果SDGsに貢献できていた・・といったような形が一番自然ではないか』といった意見が一番印象的でした。

f:id:YCDL:20190325151845p:plain

 具体的な目標を持つこと、期限を設定することはとても大切です。そして熱意も勿論、大切です。ただ、上記の最後の言葉のように、『“SDGsの全ての目標を何が何でも実現するぞ!”と、SDGsを“最終的な目標”にして意気込んで達成する』というよりも、人々の意識の中に『SDGsの意識が当たり前に根付く』ことの方が、もっと大切なことのように感じました。

 

SDGsへの意識が人々の日常にいつもあれば『他人事』から『自分事』へ変わっていき、さらに協力意識が強まっていけば、『自分事』から『自分たち事』へ変わっていきます。

f:id:YCDL:20190325145856p:plain

1人の100歩より、100人の1歩。みんなの共通意識にSDGsが当たり前にあれば、少しの力で世界は大きく変わります。人それぞれが『自分の好きなこと、やりたいこと』を実現していく中で、いつの間にかSDGsに貢献していた・・・そんなビジョンを描きたくなる協議会となり、今後が楽しみです。

 

スタッフ:飯島未来

FMヨコハマ「Yes! for you」で、アースアワー2019について話してきました!

f:id:YCDL:20190304201008j:plain

こんにちは。スタッフの鈴木です。本日EARTH HOUR 2019 in Yokohamaの開催にあたり、FMヨコハマの「Yes! for you」の収録へ、実行委員メンバーの小林璃代子さんと行ってきました。

ドキドキドキ……ラジオの独特の緊張感…。そんな中、ラジオパーソナリティのミツミさんの明るさ、優しさはかなり有難く、いつもお声だけ聴いていて「素敵な声だな~素敵な人なんだろうな~」と妄想していましたが、本当に思い描くミツミさんその通りでした。

さて、横浜コミュニティデザイン・ラボが実行委員会の事務局として関わっているEARTH HOUR 2019 in Yokohama。アースアワーとは、毎年3月末に世界同時的に都市が「消灯」するアクションを通して、地球環境に思いを馳せるソーシャルグッドイベントです。

今年で6回目となる横浜での開催に、主催のWWFジャパンさんより、横浜市民の主体的な参加を、ということで、横浜コミュニティデザイン・ラボにお声がけいただきました。

昨年はアースアワーの企画のもと、RCE横浜若者連盟と一緒に市内の様々なステークホルダーのキーパーソンにお集まりいただき、環境への取り組みを話し合い、ディスカッションするイベントを開催しました。

今年は3月12日(火)、3月20日(水)にWWFジャパン、横浜市にご協力いただきながら「環境」を軸にしたSDGs関連イベントを、みなとみらいから発信していく予定です。もちろん、3月30日(土)当日も、ディスカッションイベントを企画していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

さて、実行委員会としては、オリジナル廃油キャンドルを制作するワークショップや各々の地球へのアクションを書いた紙が優しく光をつつむ不思議なランタン制作など、当日の昼間の企画を練っている最中です。

当日は夜19時から、アーティストや大道芸、有名人による演奏、トークが盛りだくさんです。20時30分からのライトダウンに向けて、様々なコンテンツをお楽しみいただけますよ^^ラジオは3月25日放送予定です。是非是非、お聴きください。

中高生コミュニティの形成を目指す学生団体MESMEと意見交換をしました!

2月5日(火)、学生団体MESMEの金山潤さんがさくらWORKS<関内>を訪問しに来てくださいました。

MESMEとは、中高生が学校という小さな枠組みに囚われず、世界を広げていくことを目的に活動する中高生コミュニティです。

主にネットでの呼びかけで中学3年生から高校2年生が集まり、今では20人以上のメンバーとなっています。ボランティアやアクティブラーニングなど、普段触れないものに学生が興味や関心を持てるような活動をしたり、ディベートやビジネスコンテストといった取り組みを中高生自身が企画・運営し、プログラムを展開しています。

金山さんは「大学生向けの企業とのマッチングの場や企画を考えたりする具体的な場所は既に存在するが、その中高生バージョンがない」と話しました。中高生が集まって、何かに対してアクションを起こすための企画を練ったり、楽しいことを仕掛けることのできる「場」を、横浜につくりたいというのが、今のMESMEの方達の目指すことでした。

横浜コミュニティデザイン・ラボの運営するシェアオフィス「さくらWORKS<関内>」の会員さんでもあり様々に活動をしているSIDE BEACH CITY.さんと一緒に、志を高く持つMESMEの方達のお話を聞いたうえで、アドバイス等をさせていただきました。

まだできたばかりの学生団体ですが、全国から同じ思いの様々なバックグラウンドを持つ中高生が20人以上も集まったのは一つの実績です。ホームページの作成や役割分担もできており、①教育活動セクション、②文化交流セクション、③社会貢献セクション、④アプリ開発プログラミングセクションの4つのセクションを設け活動を展開していきます。

まずは拠点探し、そのためのつながりづくり、そして資金集めというところで手当たり次第に既に活動をしている団体にヒアリングをしているといいます。

横浜コミュニティデザイン・ラボでは、次代を担う若い人たちが何かアクションをしようとしている「芽」を大切に、綺麗に成長するためのお手伝いを全力でさせていただきます。

今後もMESMEのうごきに注目です。

スタッフ:鈴木ゆりり

f:id:YCDL:20190212154234j:plain

MESMEメンバーの金山潤さんと

 

「SDGs×子育て・女性活躍 共創ラボ」(LOCAL GOODカフェ)を開催

f:id:co-creation:20181213105028j:plain

SDGs×子育て・女性活躍「共創ラボ」(LOCAL GOODカフェ)の様子

 


みなとみらい地区をフィールドにした「子育て・女性活躍分野」における新たなビジネスを考えることを目指して、12月13日(木)にBUKATDSUDOアトリエで、「SDGs×子育て・女性活躍 共創ラボ」(LOCAL GOODカフェ)を開催しました。

今回は、横浜市政策局が主催する「共創ラボ」という対話の場の一環で、LOCAL GOOD YOKOHAMA(横浜コミュニティデザイン・ラボ)との共催で実施。

子育て分野で活動するNPO・企業の方々など約15人が集まり、それぞれの活動を紹介した後に、みなとみらい地区で子育て・女性活躍分野の活動をより豊かにしていくための意見交換が行われました。

冒頭で、政策局から、SDGsの視点を踏まえ、子育て支援、女性活躍分野におけるオープンイノベーションによる課題解決を狙いとして「共創ラボ」の趣旨の説明と、横浜市の2018~21年度の中期4か年計画について話がありました。

中期4か年計画2018~2021では、基本姿勢として「SDGs(持続可能な開発目標)の視点を踏まえた取組」「データ活用・オープンイノベーションの推進」「地域コミュニティの視点に立った課題解決」の3つを掲げています。重点的に取り組む事項には、子育てや女性活躍支援が挙げられています。

横浜市は今年度、国から「SDGs未来都市」に選定され、特に先導的な事業を推進する「自治SDGsモデル事業」にも選ばれています。

 

今年度、横浜市横浜市立大学NTTグループが新たに協定を締結して取り組んでいる、官民データを活用した地域情報の収集・提供のためのプラットフォーム構築に向けた事業との連携や、子育て・女性活躍分野における学びと対話の場づくり、参加者それぞれの取り組みの相互連携の可能性などについて意見交換が行われました。

イベントリポートは、LOCAL GOOD YOKOHAMAに掲載予定です。

 

 

f:id:co-creation:20181107082344j:plain

実施概要は以下↓

yokohama.localgood.jp

 

SDGsの視座から社会課題解決のアイデアを創出する「未来メディアキャンプ 2018」を取材

f:id:co-creation:20181014103816p:plain

miraimedia.asahi.com

朝日新聞社と日吉にある慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科が共催で実施するワークショップ「未来メディアキャンプ 2018」が本日スタート。

横浜コミュニティデザイン・ラボでは、LOCAL GOOD YOKOHAMAとヨコハマ経済新聞の取材でメディアとして参加しています。

神奈川県産の間伐材を活かす取り組み「山北プロジェクト」、横浜に思いを持つIT系有志のネットワーク「Code for YOKOHAMA」、子育てお父さん達による情報サイトを運営する「パパカンパニー」、寿町でホステルヴィレッジを運営する「コトラボ」、富士通エフサスを中心とする「SDGs×教育」を考える5団体・6チームが参加。

初日の今日は、各チームがテーマとする課題の解決に向けたアイデアを出し、フィールドワーク期間を経て、11月に2回目のワークショップを実施するというプログラム。

 

プログラムの運営協力を担当するThink the Earthの上田壮一さんは、冒頭のあいさつで、SDGsを知ることは勿論大切だが、SDGs使って社会や地域の課題解決にどう活かすかということがポイントだと話しました。

f:id:co-creation:20181014112119j:image

地球のキャパシティをオーバーする暮らしをしている人間社会。「つづかない世界をつづく世界へ」変えていくためにSDGsが定められたとのこと。日本のSDGsの認知度は14%という調査結果があるそうです。また、日本のSDGsの達成ランキングは世界15位。

政府、業界、企業、投資家、自治体、生活者、教育などの各分野でSDGsの取り組みが始まっています。誰もが参加できて、世界中の一人ひとりが主役になることができるのがSDGs

横浜から始まる、自分たちの未来を自分たちでつくるためのアクションに要注目です。

 

未来メディアキャンプ 2018の活動は、LOCAL GOOD YOKOHAMAとヨコハマ経済新聞で紹介します。

yokohama.localgood.jp