横浜コミュニティデザイン・ラボ スタッフブログ

横浜市中区に拠点を置くNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボのスタッフによるブログです。

平成30年度の『横浜RCEネットワーク推進協議会』に参加してきました!

こんにちは! 今年の3月からスタッフに関わらせていただくことになりました、飯島と申します。よろしくお願い致します!


平成30年度の『横浜RCEネットワーク推進協議会』が横浜市研修センターに開催され、代表の杉浦と共に参加してきました。 

f:id:YCDL:20190403130211j:plain

 

 今年の協議会でも、『SDGs持続可能な開発目標』についての成果発表・意見交換が行われましたが、改めて『SDGsってご存知ですか?? (また、『ESD』『RCE』もご存知ですか?)

f:id:YCDL:20190325140229p:plain

横文字で、しかも聴き慣れない言葉は、内容がよくわからないですよね~。私が3月からの勤務なので、自分の勉強のためにと整理してみましたが、同じように意味がよくわからず、聞くに聞けないというお声を耳にしたので、改めてまとめてみました。


という訳で、まず『SDGs』『ESD』『(RCE横浜の)RCE』という言葉がなんなのか、紐解いていきましょう。 

f:id:YCDL:20190325140502p:plain

SDGs持続可能な開発目標

(Sustainable Development Goals)

  Sustainable・・・・・持続可能

  Development・・・・ 開発

  Goals ・・・・・・・ 目標

f:id:YCDL:20190325140550p:plain

『持続可能な(社会の実現を目指すための)開発目標』を英語表記したものの略称がSDGsですが、頭文字だけを取ればSDGであるところを、開発目標が大きくわけて17個のゴールとしていることから複数形の『s』がついています。

SDGsの17個のゴールの詳細はコチラ

 → https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

 

f:id:YCDL:20190325140706p:plain

f:id:YCDL:20190325140850p:plain

◆ESD = 持続可能な開発のための教育

Education for Sustainable Development

  Education・・・・教育

  ( for)

  Sustainable・・・・持続可能

  Development・・・・開発

 

f:id:YCDL:20190325140959p:plain

f:id:YCDL:20190325141037g:plain

◆RCE = 地域のESDを進めていくための拠点

(Regional Centres of Expertise on ESD)

  Regional・・・・地域

  Centres・・・・拠点

  (of)

  Expertise・・・・熟練(していく)→進めていく

  (on ESD)

 

※ESDもRCEも、SDGsと同じく、英語で表記したものの略称です。

 

 

 

SDGs、ESD、RCEに共通する『持続可能』というキーワード。

f:id:YCDL:20190325141254p:plain

最近では当たり前に使われるようになりましたが、そもそも『持続可能な社会』とは、何なのでしょう?

 

◆持続可能な社会とは・・・・

  地球環境や自然環境が適切に保全され、

  将来の世代が必要とするものを損なうことなく、

  現在の世代の要求を満たすような開発が行われている社会

f:id:YCDL:20190325141532p:plain

環境問題が深刻化してくると、『地球環境のために、原始時代のような暮らしに戻ればいいじゃないか』という声をたまに耳にします。しかし、これだけ文明が発展した今となっては、原始の暮らしに戻るのは、あまり現実的とはいえません。

 

現代の暮らしを捨てて、原始の暮らしに、ではなく『今の暮らしの中で、地球環境によく、循環する社会や環境を目指す』のが、真の意味での持続可能な社会です。

 

f:id:YCDL:20190325141631p:plain

 

 

横浜RCEネットワーク推進協議会について

f:id:YCDL:20190325141707g:plain

横浜RCEネットワーク推進協議会は、簡単にお伝えすると、『持続可能な社会を目指すこと、そしてそれを地域でどのように進めていくか』その情報のシェア、また意見提案などをしていく場です。

 

RCE横浜に参加する様々なメンバー(学校、企業、NGO/NPO、市民、行政など)立場や生活環境の異なる人たちが、『持続可能な社会』の実現を目指すをキーワードにそれぞれの立場で出来ることを行い、その成果を共有し合う場として、年1回の協議会を開催しています。

 

f:id:YCDL:20190403130211j:plain

今回の出席者は、大学や教育に関わる方の割合が多く、それぞれの成果発表の観点も『持続可能な社会の実現を、次の世代にどう繋げていくか』『どう発展させていくか』という視点が多かったように感じました。

またSDGsの一つ一つのゴールを『複数組み合わせる』といったような取り組みの発表もあり、今後は今までよりも『Win Win』『相互作用』していくことがキーワードの一つになりそうです。

f:id:YCDL:20190325141914j:plain

※配布資料の参考

 

そして協議会の最後に、『SDGsを最終的な目標にするのではなく、それぞれが好きなこと、やりたいことをしていく中で、結果SDGsに貢献できていた・・といったような形が一番自然ではないか』といった意見が一番印象的でした。

f:id:YCDL:20190325151845p:plain

 具体的な目標を持つこと、期限を設定することはとても大切です。そして熱意も勿論、大切です。ただ、上記の最後の言葉のように、『“SDGsの全ての目標を何が何でも実現するぞ!”と、SDGsを“最終的な目標”にして意気込んで達成する』というよりも、人々の意識の中に『SDGsの意識が当たり前に根付く』ことの方が、もっと大切なことのように感じました。

 

SDGsへの意識が人々の日常にいつもあれば『他人事』から『自分事』へ変わっていき、さらに協力意識が強まっていけば、『自分事』から『自分たち事』へ変わっていきます。

f:id:YCDL:20190325145856p:plain

1人の100歩より、100人の1歩。みんなの共通意識にSDGsが当たり前にあれば、少しの力で世界は大きく変わります。人それぞれが『自分の好きなこと、やりたいこと』を実現していく中で、いつの間にかSDGsに貢献していた・・・そんなビジョンを描きたくなる協議会となり、今後が楽しみです。

 

スタッフ:飯島未来

FMヨコハマ「Yes! for you」で、アースアワー2019について話してきました!

f:id:YCDL:20190304201008j:plain

こんにちは。スタッフの鈴木です。本日EARTH HOUR 2019 in Yokohamaの開催にあたり、FMヨコハマの「Yes! for you」の収録へ、実行委員メンバーの小林璃代子さんと行ってきました。

ドキドキドキ……ラジオの独特の緊張感…。そんな中、ラジオパーソナリティのミツミさんの明るさ、優しさはかなり有難く、いつもお声だけ聴いていて「素敵な声だな~素敵な人なんだろうな~」と妄想していましたが、本当に思い描くミツミさんその通りでした。

さて、横浜コミュニティデザイン・ラボが実行委員会の事務局として関わっているEARTH HOUR 2019 in Yokohama。アースアワーとは、毎年3月末に世界同時的に都市が「消灯」するアクションを通して、地球環境に思いを馳せるソーシャルグッドイベントです。

今年で6回目となる横浜での開催に、主催のWWFジャパンさんより、横浜市民の主体的な参加を、ということで、横浜コミュニティデザイン・ラボにお声がけいただきました。

昨年はアースアワーの企画のもと、RCE横浜若者連盟と一緒に市内の様々なステークホルダーのキーパーソンにお集まりいただき、環境への取り組みを話し合い、ディスカッションするイベントを開催しました。

今年は3月12日(火)、3月20日(水)にWWFジャパン、横浜市にご協力いただきながら「環境」を軸にしたSDGs関連イベントを、みなとみらいから発信していく予定です。もちろん、3月30日(土)当日も、ディスカッションイベントを企画していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

さて、実行委員会としては、オリジナル廃油キャンドルを制作するワークショップや各々の地球へのアクションを書いた紙が優しく光をつつむ不思議なランタン制作など、当日の昼間の企画を練っている最中です。

当日は夜19時から、アーティストや大道芸、有名人による演奏、トークが盛りだくさんです。20時30分からのライトダウンに向けて、様々なコンテンツをお楽しみいただけますよ^^ラジオは3月25日放送予定です。是非是非、お聴きください。

中高生コミュニティの形成を目指す学生団体MESMEと意見交換をしました!

2月5日(火)、学生団体MESMEの金山潤さんがさくらWORKS<関内>を訪問しに来てくださいました。

MESMEとは、中高生が学校という小さな枠組みに囚われず、世界を広げていくことを目的に活動する中高生コミュニティです。

主にネットでの呼びかけで中学3年生から高校2年生が集まり、今では20人以上のメンバーとなっています。ボランティアやアクティブラーニングなど、普段触れないものに学生が興味や関心を持てるような活動をしたり、ディベートやビジネスコンテストといった取り組みを中高生自身が企画・運営し、プログラムを展開しています。

金山さんは「大学生向けの企業とのマッチングの場や企画を考えたりする具体的な場所は既に存在するが、その中高生バージョンがない」と話しました。中高生が集まって、何かに対してアクションを起こすための企画を練ったり、楽しいことを仕掛けることのできる「場」を、横浜につくりたいというのが、今のMESMEの方達の目指すことでした。

横浜コミュニティデザイン・ラボの運営するシェアオフィス「さくらWORKS<関内>」の会員さんでもあり様々に活動をしているSIDE BEACH CITY.さんと一緒に、志を高く持つMESMEの方達のお話を聞いたうえで、アドバイス等をさせていただきました。

まだできたばかりの学生団体ですが、全国から同じ思いの様々なバックグラウンドを持つ中高生が20人以上も集まったのは一つの実績です。ホームページの作成や役割分担もできており、①教育活動セクション、②文化交流セクション、③社会貢献セクション、④アプリ開発プログラミングセクションの4つのセクションを設け活動を展開していきます。

まずは拠点探し、そのためのつながりづくり、そして資金集めというところで手当たり次第に既に活動をしている団体にヒアリングをしているといいます。

横浜コミュニティデザイン・ラボでは、次代を担う若い人たちが何かアクションをしようとしている「芽」を大切に、綺麗に成長するためのお手伝いを全力でさせていただきます。

今後もMESMEのうごきに注目です。

スタッフ:鈴木ゆりり

f:id:YCDL:20190212154234j:plain

MESMEメンバーの金山潤さんと

 

「SDGs×子育て・女性活躍 共創ラボ」(LOCAL GOODカフェ)を開催

f:id:co-creation:20181213105028j:plain

SDGs×子育て・女性活躍「共創ラボ」(LOCAL GOODカフェ)の様子

 


みなとみらい地区をフィールドにした「子育て・女性活躍分野」における新たなビジネスを考えることを目指して、12月13日(木)にBUKATDSUDOアトリエで、「SDGs×子育て・女性活躍 共創ラボ」(LOCAL GOODカフェ)を開催しました。

今回は、横浜市政策局が主催する「共創ラボ」という対話の場の一環で、LOCAL GOOD YOKOHAMA(横浜コミュニティデザイン・ラボ)との共催で実施。

子育て分野で活動するNPO・企業の方々など約15人が集まり、それぞれの活動を紹介した後に、みなとみらい地区で子育て・女性活躍分野の活動をより豊かにしていくための意見交換が行われました。

冒頭で、政策局から、SDGsの視点を踏まえ、子育て支援、女性活躍分野におけるオープンイノベーションによる課題解決を狙いとして「共創ラボ」の趣旨の説明と、横浜市の2018~21年度の中期4か年計画について話がありました。

中期4か年計画2018~2021では、基本姿勢として「SDGs(持続可能な開発目標)の視点を踏まえた取組」「データ活用・オープンイノベーションの推進」「地域コミュニティの視点に立った課題解決」の3つを掲げています。重点的に取り組む事項には、子育てや女性活躍支援が挙げられています。

横浜市は今年度、国から「SDGs未来都市」に選定され、特に先導的な事業を推進する「自治SDGsモデル事業」にも選ばれています。

 

今年度、横浜市横浜市立大学NTTグループが新たに協定を締結して取り組んでいる、官民データを活用した地域情報の収集・提供のためのプラットフォーム構築に向けた事業との連携や、子育て・女性活躍分野における学びと対話の場づくり、参加者それぞれの取り組みの相互連携の可能性などについて意見交換が行われました。

イベントリポートは、LOCAL GOOD YOKOHAMAに掲載予定です。

 

 

f:id:co-creation:20181107082344j:plain

実施概要は以下↓

yokohama.localgood.jp

 

SDGsの視座から社会課題解決のアイデアを創出する「未来メディアキャンプ 2018」を取材

f:id:co-creation:20181014103816p:plain

miraimedia.asahi.com

朝日新聞社と日吉にある慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科が共催で実施するワークショップ「未来メディアキャンプ 2018」が本日スタート。

横浜コミュニティデザイン・ラボでは、LOCAL GOOD YOKOHAMAとヨコハマ経済新聞の取材でメディアとして参加しています。

神奈川県産の間伐材を活かす取り組み「山北プロジェクト」、横浜に思いを持つIT系有志のネットワーク「Code for YOKOHAMA」、子育てお父さん達による情報サイトを運営する「パパカンパニー」、寿町でホステルヴィレッジを運営する「コトラボ」、富士通エフサスを中心とする「SDGs×教育」を考える5団体・6チームが参加。

初日の今日は、各チームがテーマとする課題の解決に向けたアイデアを出し、フィールドワーク期間を経て、11月に2回目のワークショップを実施するというプログラム。

 

プログラムの運営協力を担当するThink the Earthの上田壮一さんは、冒頭のあいさつで、SDGsを知ることは勿論大切だが、SDGs使って社会や地域の課題解決にどう活かすかということがポイントだと話しました。

f:id:co-creation:20181014112119j:image

地球のキャパシティをオーバーする暮らしをしている人間社会。「つづかない世界をつづく世界へ」変えていくためにSDGsが定められたとのこと。日本のSDGsの認知度は14%という調査結果があるそうです。また、日本のSDGsの達成ランキングは世界15位。

政府、業界、企業、投資家、自治体、生活者、教育などの各分野でSDGsの取り組みが始まっています。誰もが参加できて、世界中の一人ひとりが主役になることができるのがSDGs

横浜から始まる、自分たちの未来を自分たちでつくるためのアクションに要注目です。

 

未来メディアキャンプ 2018の活動は、LOCAL GOOD YOKOHAMAとヨコハマ経済新聞で紹介します。

yokohama.localgood.jp



 

【インターン日誌】横須賀と横浜の学び合いー横須賀に根付く団体から社会福祉の在り方を考えるー

f:id:YCDL:20181009151611j:plain

 横浜コミュニティデザイン・ラボインターン生の廣田みなみです。

 平成30年6月30日に横浜市開港記念館(横浜市中区本町1)で開催された「横と横をつなぐ会」に参加してきました。

 この「横と横をつなぐ会」は、横須賀と横浜をつなぐ会と称して、今回で2回目の開催となります。

 第2回となる今回は、ゲストスピーカーとして社会福祉法人なないろの「ほっと・ホット」管理者の齊藤大樹さん、NPO法人一麦代表理事NPO法人ぶどうの木管理者である大岡めぐみさんが登壇されました。

 齊藤さんは、横須賀市内の入所施設で9年間支援員として働き、「なないろ」に移ってからはグループホーム担当となり、現在で4年目になります。今の職場であるグループホーム「ほっと・ホット」はなないろが運営し、女性2名男性4名が生活を送っています。

 「ほっと・ホットの良いところは、一人ひとりの居場所が確保されており、自分の気持ちを大事にして、支援者が理解を深めることを大切にする環境が整っていること」と齊藤さんは話します。それに加え、地域の人たちとのつながりも大切にしているそうです。

 その一方で「資金面や人手不足などの課題も残っているのが現状」と話されました。ほっと・ホットに関わらず、どこの施設においてもこれらの問題は大きな問題として取り上げられています。

 大岡めぐみさんは結婚後、NPO法人ぶどうの木を設立し、管理者として事業所を立ち上げ、今年で3年を迎えました。ぶどうの木は現在男性11名、女性7名の計18名が生活しています。

 スタッフが「利用者が何を伝えたいのか、何をしたいのか」を察し、流れ作業にならないよう個人の思いを大切にすることを心がけ、またスタッフ自身も自ら自分にできることは何かを探し追い求めることによって、より利用者との距離を縮めていくきっかけにもなっていることが話されました。

 

質疑応答では、このようなやりとりがありました。

 

①身内に障害を持つ女性

Qスタッフの方々の意欲やエネルギーを高めるにあたり、頑張っていることは?

A何もやっていない。スタッフ自らがやってくれるため、スタッフ一人一人のやりた いという気持ちで成り立っている。

 

②40年老人ホームを経営している男性

(感想)事業、経営という考えに陥ってしまうことへの教訓として再確認することができた。

A事業が拡大するとやはり経営になってしまう。現場で接し、現場で追求していくことが専門性であり、やりがいであることを忘れてはいけない。現場があると嬉しい、喜びがある一方、資金面などで組織を維持していくことも大切であるためこの2つで葛藤があるのも事実。やりたいことを100%やってしまうと組織の存続が難しくなってしまう。

 

社会福祉法人の女性

Q福祉分野の魅力とは?

Aその人に関わってきた人にアドバイスを聞き、その人にあった対応をすることによって、その人自身が変化していく瞬間に携わることができるところ。

 

Qこれからどのような人たちと関わり、つながっていきたいか?

A福祉以外の分野の人たちともっとネットワークをつなげていきたい。与えられた瞬間でなくひょんなところでつながっていきたい。

 

 今回の横と横をつなぐ会に参加して、福祉に関する辛い部分だけでなく、やりがいなども実際に福祉に関わる人たちから生の声として聞くことができて、福祉に関する見方が変わりました。今回イベントに参加して、登壇者の方のお話から得たことを生かし、社会福祉学科の学生の1人としてもっと福祉が抱える問題に深く踏み込んでいきたいと改めて思いました。

 

www.sukasuka-ippo.com

 

 

明治学院大学2年 

横浜コミュニティデザイン・ラボインターン生 

廣田みなみ

祝!てんかんをめぐるアート展プロジェクトクラウドファンディング1stラウンド目標額達成!〜2ndラウンドは10/27締切〜

f:id:co-creation:20181008132500p:plain

てんかんとともに生きる方達のアート活動を写真と映像で記録し、障害のある人とない人がつながる啓発ツールと場を作りたいとの思いで実施している「てんかんをめぐるアート展プロジェクト」。

LOCAL GOOD YOKOHAMAで実施中のクラウドファンディングの1stラウンドの締切が昨日・10月7日(日)23:59でした。

締切間際に多くの支援が集まり、最低必要金額の650,000円を達成!

 

第3回てんかんをめぐるアート展は、10月25日(木)~27日(土)の3日間、パシフィコ横浜で開催される第52回日本てんかん学会学術集会にあわせて開催されます。

皆さまからの支援金の使途は
(1)木村伊兵衛写真賞を受賞した写真家の原美樹子さんの写真撮影・展示
 →創作の場の記録写真 
(2)日本映画大学の日本・中国・台湾・韓国の学生による動画撮影・上映
 →創作の場の記録動画
(3)てんかん患者当事者によるアート展の映像アルバム製作
 →創作の場、実行委員会の打ち合わせ、会場設営、会期中の会場の様子の記録動画

です。
てんかんアート展には、300作品を展示予定。3000人の方々の参加を想定しています。
会場では、作品のみならず、病をかかえながら制作する彼らの日常の様子も写真や映像で展示し、来場するみなさまと共有します。
会期終了後にも、クラウドファンディングで集めた資金を使って、この病気と患者さんのいきいきとした表現活動について広く継続的に知っていただき、さまざまな誤解を受けやすいこの病気についての理解を深める活動の輪を広げるための啓発ツールを作ります。

2ndラウンドは10月8日〜10月27日23:59。締切となる10月27日(土)は、パシフィコ横浜で開催されるてんかんアート展の最終日となります。

さらなる支援をよろしくおねがいします!