横浜コミュニティデザイン・ラボ スタッフブログ

横浜市中区に拠点を置くNPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボのスタッフによるブログです。

横浜市栄区「セーフコミュニティ事前指導」

f:id:co-creation:20170910184653j:plain

栄区役所で9月9日と10日、オーストラリア、韓国、日本の4人の審査員による「セーフコミュニティ事前指導」が行われました。

栄区は2013年10月5日に、「WHO(世界保健機関)協働センター」が定める、安全・安心まちづくりの世界基準「セーフコミュニティ」の認証を取得しました(世界で319番目、日本で7番目)。認証後、5年ごとに再認証が行われ、栄区では2018年度が再認証の年で18年度上半期中に本審査が行われます。

事前指導では、栄区セーフコミュニティ推進協議会の「こども安全対策」「スポーツ安全対策」「児童虐待予防対策」など9つの分科会がそれぞれの取り組みを発表し、審査員との質疑応答を行いました。

youtu.be

審査委員

デイル・ハンソン氏(公衆衛生博士、クィーンズランドヘルス 北クィーンズランドへき地医療トレーニング ディレクター:オーストラリア)、チョ・ジュンピル氏(アジョー大学救急医療部教授:韓国)、白石洋子氏(一般社団法人日本セーフコミュニティ推進機構 代表理事)、今井久人氏(一般社団法人日本セーフコミュニティ推進機構 代表理事 s事務局長)

 

<参考>
《 セーフコミュニティとは 》 

 セーフコミュニティとは「致命的な事故やけがは、原因を究明することで予防できる」という考えに基づき、地域ぐるみで予防活動を展開する安全・安心なまちのことです。セーフコミュニティ認証センターは、7つの指針を定め、その指針に沿った活動を継続的に行っている地域を「セーフコミュニティ」として認証しています。

 

セーフコミュニティとは,「ケガや事故など日常生活のなかで人々の健康を阻害する要因は,予防することができる」という理念によって,安全なまちづくりを進めているコミュニティ(地域社会)のことを指します。この取り組みは、1970年代後半のスウェーデンから始まり、1989年9月にストックホルムで開催された「事故・傷害予防に関する世界会議」において、「セーフコミュニティ」の概念が宣言されました。現在は、WHO(世界保健機関)協働センターが提示する7つの指針をクリアした時点で「セーフコミュニティ申請書」を提出することができ、審査を経て認証される、国際的な認証システムとなっています。

【セーフコミュニティ認証都市】世界373都市(平成28年10月末現在)

 日本では、京都府亀岡市青森県十和田市、神奈川県厚木市、長野県箕輪町、東京都豊島区、長野県小諸市大阪府松原市、福岡県久留米市、埼玉県北本市、埼玉県秩父市、鹿児島県鹿児島市滋賀県甲賀市大阪府泉大津市が認証を受けています。

f:id:co-creation:20170910184722j:plain

横浜市 栄区 セーフコミュニティ

【開催リポート】公開トーク「OPEN 2030 PROJECT/SDGs・未来を変える買い物とは?」

f:id:co-creation:20170910113927j:plain

 9月6日に「OPEN 2030 PROJECT 未来を変える買い物とは?」のイベントが泰生ポーチで行われました。企画に携わらせていただいた、インターンの鈴木からご報告させていただきます。

 今回のイベントの概要、Facebookでのお知らせ文を引用させていただくと、
SDGsをソーシャルイノベーションを起こす最大の機会と捉えて、2030年に向けて、企業・行政・アカデミア・市民セクターなど多くのセクターが関わり具体的なアクションを創りだすプロジェクト『OPEN 2030 PROJECT(代表:蟹江憲史・慶応大学教授/運営チーム:博報堂bemo!チーム)』の取り組みを紹介する公開トーク」となっています。(プロジェクト概要:http://open2030project.com/

 

 

イベントの中身は、大きく分けると
・持続可能な開発目標(SDGs)の存在を知る
・目標12の「持続可能な生産と消費の確保」に着目し、そのためのツールとしての認証マークを知る
・プロジェクト、ないしエシカル消費普及を目的とした動画づくりのためのクラウドファンディングを行っていることを知らせる
というものでした。

 

 SDGsに基づくエシカル消費の必要性を知ってもらう博報堂によるプロジェクト説明、そして認証マークからは海洋管理協議会MSC)の石井幸造さん、日本森林管理協議会(FSCジャパン)の河野絵美佳さん、世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)の伊藤小百合さんからそれぞれお話いただきました。

 世界では3.5秒間にサッカー場1つ分の森林が伐採されているとの説明や、違法伐採と政府との賄賂の関係、そしてそれがテロ組織へ流れているという衝撃的なお話もありつつ、日本で積極的に認証マークを取り入れている企業の紹介もありました。

 個人的にいいなと思ったのは、キーワードの1つである「ワクワクする買い物」です。
「この商品を買うことが、地球の未来のためになる」というワクワク感。地球という1つの大きなモールにみんなで買い物をしているイメージを抱きながらの買い物。
そのような意識への変換は、厳しい審査を通過した認証マークのついている商品を購入することから始めることができます。
でも、日本は海外に比べると認証マークの認知度はかなり低い状態です。まず知ってもらうところから、消費者の意識を変えていきたいという気持ちが伝わるお話でした。

 

 「認証マークのシールを使用すること自体、資源を使うことになるのでは…?」とも考えましたが、将来、認証マークのついた製品をわざわざ買わなくても、エシカル消費を勝手にしていることになれば、いいですよね。生産者とその流通過程からかけ離れた生活をしている私たち消費者という構図が見えてきました。

 また、良い取り組みをしている生産者や企業に与えるマーク、もいいですが、「過重労働させています」とか、「違法な伐採しています」というマイナスポイントマークをつけることにすれば、どの生産者も、どの企業もクリーンな運営への見直しをせざるを得なくなるのでは、例えばドクロマークをつけるとか…。という話を、他のインターン生としていました。

 様々な背景を持つ人が「SDGs」を中心に集い、情報をシェアすることで、また新たなつながりができていました。それぞれに取り組んでいることは、実は同じ目的だったりして、そのことにこのような講演会の場でお互いに初めて知り、連携することにもなるのだなぁと思いました。

 また、今回横浜YMCAのフェアトレード商品「パヤオクラフト」を、エシカル消費に関連付けて販売させていただきました。ご協力いただいた横浜YMCAの方々、購入いただいた方、ありがとうございました。!

 今回SDGsに興味のあった私は、企画をさせていただきましたが、専門の方々の素早い段取りに、すっかり傍観者となってしまいました。自分の未熟さを改めて感じたと同時に、企画の段取りや、企画書の書き方、また講演をしていただく方々とのやりとりなどを、近くで見て学ばせていただきました。

 横浜コミュニティデザイン・ラボは、イノベーションの芽をつくり、または発見して、それをどこかとすり合わせてより良いものにしていくマッチング、そしてそのための場を作っているということを改めて感じる機会となりました。

_______________________________

【実施概要】
◎タイトル:公開トーク「OPEN 2030 PROJECT/SDGs・未来を変える買い物とは?」
◎日時:2017年9月6日(水) 19時〜21時 
◎場所:泰生ポーチ(横浜市中区相生町2)
◎主催:OPEN 2030 PROJECT / NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ
◎協力:横浜RCEネットワーク推進協議会

【内容】 ※敬称略 
◎進行 
19:00-19:10 はじめに 主催者挨拶
・杉浦裕樹(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 代表理事
19:10-19:40 「OPEN 2030 PROJECT」および「未来を変える買物企画」の紹介  
・兎洞武揚/吉田裕美(OPEN 2030 PROJECT推進チーム)
19:40-20:10トークセッション:「国際認証制度の現状」
・石井幸造(海洋管理協議会 (MSC)日本事務所 プログラム ディレクター)
・河野絵美佳(NPO法人日本森林管理協議会(FSCジャパン) キーアカウント&キャンペーンオフィサー)
・伊藤小百合(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン 自然保護室 森林グループ)
20:10-20:50 パネルディスカッション「未来を変える買い物への期待」
・登壇者:石井幸造、河野絵美佳、伊藤小百合
・聞き手:宮島真希子(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 理事)
20:50-21:00 「OPEN 2030 PROJECT」クラウドファンディング紹介

 

youtu.be

『オープンデータ・プラットフォームと公民連携シンポジウム』レポート

NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボが企画に協力させていただいた『オープンデータ・プラットフォームと公民連携シンポジウム』のレポート記事を紹介します。

 

data.wingarc.com

 

data.wingarc.com

厳島神社例大祭「関内まつり」が7月29日(土)に開催されました

 f:id:co-creation:20170730112506j:image

厳島神社例大祭「関内まつり」が7月29日(土)に開催されました。

横浜弁天様の愛称で親しまれている「厳島神社」は、関内地区の鎮守です。そして関内は、横浜開港の地として歴史と伝統のある地域であります。地域の安寧と鎮魂を祈願して、神霊を移した二基の神輿が御行しました。

 

f:id:co-creation:20170730112757j:image

挨拶する竹前大 中区長。

f:id:co-creation:20170730112756j:image

f:id:co-creation:20170730112704j:image

f:id:co-creation:20170730112705j:image

f:id:co-creation:20170730112711j:image

 

 

求人・常勤スタッフ募集! NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボで働きませんか?

f:id:co-creation:20170711115053p:plain

 

拡散希望・求人】横浜コミュニティデザイン・ラボでは常勤スタッフ・プロボノインターンスタッフを募集しています。横浜をフィールドに自分が関心あるテーマについて学び・実践していこうという意欲がある方を求めています。

7月17日(月・祝)午前、夕方に活動説明会も開催します。

詳しくはこちらまで! 

http://yokohamalab.jp/2017/06/staff2017/

 

「リビングラボ×オープンデータ」など5セッション :インターナショナルオープンデータデイ2017@横浜

f:id:co-creation:20170302161341j:plain

 

インターナショナルオープンデータデイ2017@横浜

~みんなで創発する世界最先端のデジタルシティ・YOKOHAMA~

―「官民データ活用推進基本法」への取組を契機としてー

 

 世界各国の都市で3月4日(土)に同時開催されるオープンデータの祭典「インターナショナル・オープンデータ・デイ」。横浜での開催は今年で5回目。2年ぶりに大さん橋で開催します。

 メインステージでは、横浜市経済局が主催する「オープンデータ活用ビジネス化支援事業」ビジネスプランプレゼンテーション・授賞式、横浜市政策局とNPOが連携して実施する「YOKOHAMA YOUTH Ups!」セッション、シェア経済について議論する「シェアリングエコノミー」 セッション、県議・市議・神奈川県CIOが登壇する「かながわオープンデータ推進地方議員研究会」 セッション、地域と企業をむすぶテストベット・リビングラボの最先端を知る「リビングラボ×オープンデータ」 セッション、横浜市CIO補佐官やデータサイエンスに取り組む横浜市大教授らが登壇する「オープンデータの未来」セッションが行われます。

 また、セミナー・ワークショップエリアでは、「code for kohoku」、「アーバンデータチャレンジ/三浦半島ハック」の活動紹介のほか、「君も語彙の共通化プロセスに参画してみないか」、「次世代アーバンプランニングトーク」、「RESASが実現する共創型地域の可能性」などのセミナーを行います。

 ハッカソンエリアでは、【E2D3】スポーツ x データビジュアライゼーション ハッカソンを開催。

そのほか、18団体がブース出展し、VR体験やデータ活用、IoT、ロボット、データサイエンス等に関する活動の紹介、サービスのデモなどを行います。ぜひご参加ください。

16:30~17:40 セッション4

「リビングラボ×オープンデータ」 セッション   

~官民共創で働き方改革と生活サービス産業を育成する拠点「リビングラボ」~

住民と企業や自治体、大学・研究機関等の関係者がデータに基づいて“共創”する場・活動である「リビングラボ」の取組、横浜市内からは都筑区「いのちの木」、旭区「みなまきラボ」、青葉区「WISE Living Lab」と栄区での取り組みを紹介。鎌倉市今泉台で自治会と連携して活動が始まったLivingLab展開の紹介も。

▽登壇者

 ▶リビングラボについて

  前田 展弘(ニッセイ基礎研究所主任研究員・東京大学高齢社会総合研究機構客員研究員)

 ▶事例紹介:ディスカッション

  岩永 敏朗(NPO法人五つのパン 理事):都筑区で「いのちの木」を運営

  高久 真理(大和ハウス 事業開発部 不動産事業開発室 総合開発グループ 課長)

  泉 亜紀子(東急電鉄都市創造本部開発事業部 都市政策担当課長)

  川口 大治(横浜セイビ 常務取締役、横浜青年会議所 理事、NPO法人戸塚てらこや 理事長)

  西田 司(株式会社オンデザインパートナーズ・みなまきラボ)

  田島 幸子(鎌倉市:今泉台町内会 会長)

  進行:関口 昌幸(横浜市政策局 政策支援センター)


          http://yokohamaopendata.jp/2017/02/23/iodd2017/

「リビングラボ×オープンデータ」 セッション:インターナショナル・オープンデータ・デイ2017@横浜

f:id:co-creation:20170302161341j:plain

インターナショナルオープンデータデイ2017@横浜
~みんなで創発する世界最先端のデジタルシティ・YOKOHAMA~
―「官民データ活用推進基本法」への取組を契機としてー

昨年12月に官民データ活用推進基本法が制定され、これまで全国の自治体が手探りで進めていた、データとデジタルテクノロジーを活用した地方創生や1億総活躍に向けた取り組みに法的根拠が与えられました。これによって、各自治体のオープンデータの取組が加速度的に進むと共に、市民生活の向上や行政改革に寄与する具体的な成果がより求められるようになります。

今年の「インターナショナルオープンデータデイ@横浜」は、この5年間、市民、企業、大学、議会、行政が手を取り合って進めてきた横浜のオープンデータの取組を総括し、そのうえでこの「官民データ活用推進基本法」を梃にして、みんなで次のステージへと駆け上るための対話の祭りです。

横浜コミュニティデザイン・ラボでは、2015年11月より、東京大学高齢社会総合研究機構が主宰する「LivingLab研究会」のオブザーバー会員になり、「リビングラボ」についてのリサーチを行っています。

今回、インターナショナルオープンデータデイ2017@横浜の「リビングラボ×オープンデータ」 セッションのコーディネートを担当します。
_______________________________
16:30~17:40 セッション4
「リビングラボ×オープンデータ」 セッション   
〜官民共創で働き方改革と生活サービス産業を育成する拠点「リビングラボ」〜
住民と企業や自治体、大学・研究機関等の関係者がデータに基づいて“共創”する場・活動である「リビングラボ」の取組、横浜市内からは都筑区「いのちの木」、旭区「みなまきラボ」、青葉区「WISE Living Lab」と栄区での取り組みを紹介。鎌倉市今泉台で自治会と連携して活動が始まったLivingLab展開の紹介も。

▽登壇者
▶リビングラボについて
前田 展弘(ニッセイ基礎研究所主任研究員・東京大学高齢社会総合研究機構客員研究員)

▶事例紹介:ディスカッション
岩永 敏朗(NPO法人五つのパン 理事):都筑区で「いのちの木」を運営
高久 真理(大和ハウス 事業開発部 不動産事業開発室 総合開発グループ 課長)
泉 亜紀子(東急電鉄都市創造本部開発事業部 都市政策担当課長)
川口 大治(横浜セイビ 常務取締役、横浜青年会議所 理事、NPO法人戸塚てらこや 理事長)
西田 司(株式会社オンデザインパートナーズ・みなまきラボ)
田島 幸子(鎌倉市:今泉台町内会 会長)
進行:関口 昌幸(横浜市政策局 政策支援センター)

・企画:東京大学産学連携組織ジェロントロジー・ネットワークLivingLab研究会
_______________________________

イベント詳細は以下↓より

3月4日(土)開催:インターナショナル・オープンデータ・デイ2017@横浜 | 横浜オープンデータソリューション発展委員会